ニューヨーカーのペット事情

先進国では犬のアトピー性皮膚炎が多いことをご存知でしょうか。
人間でも先進国のほうがアトピーが多いように、
アトピーは人間のペットにまで蔓延しています。
ニューヨークでは日本のような小型犬よりも大型犬が人気の傾向にありますが、
この大型犬のうち、レトリバーやダルメシアンなどはアトピーの好発犬種です。
そんなニューヨーカー達の悩みの種、
それはアトピーがなかなか治らない病気であること。
現在のアトピー治療といえば、痒みを抑えるステロイド薬の投与や、
アレルギー用のシャンプー、保湿剤の治療など。
これらは痒みを抑え症状を和らげる効果がありますが、
完全な完治には至らないことが殆どです。
また大型犬は一度の投薬量も小型犬よりはるかに大量、
シャンプーなども一苦労でしょう。
犬好きで有名なニューヨークですが、犬と共に暮らすには
人知れない苦労が隠されていることでしょう。