ニューヨーク旅行にニカド電池を持っていこう

長期の休暇が取れたという私の知人は、数週間かけてニューヨーク旅行に出かける
という話をしていました。
ニューヨークでの滞在先については、ホームステイなのかホテルなのか
分からなかったのですが、とにかく結構長く滞在するのだなと感じていました。
私はその知人に、滞在期間が長いので
掃除機かクリーナーを持って行くことをすすめました。
そうすると知人は、すでに充電式クリーナーを購入している旨の話をしてくれました。
ニカド電池を使用したハイパワーの充電式クリーナーを購入したそうで、
少し自慢げに語っていました。
私も一応アメリカに行ったことがあるのですが、
それはハワイでしたのでアメリカ本土に行く知人に対し羨ましがってしまいました。

ニューヨーク滞在中に立ち寄った古物市場

海外に行ったらファッション好きとして行ってみたいのが、
古物市場だと考えられます。
ニューヨークには、THRIFT STOREという形態のお店があります。
これはニューヨーカー達が着なくなった服をボランティア感覚で寄付することで、
確定申告の控除額を減額することができます。
そのためリアルなアメリカ人が着ている洋服が集まってきて、
中には一点物や掘り出し物まであります。
また値段も比較的安い商品が揃っており、一つ$2から$30まで揃っています。
また店舗も広いので、1日がかりで商品を探す方も多いです。
またブルックリンは古物市場が多く、土日になると賑わいを見せます。
手っ取り早く色々と見たいのであれば、
まずはブルックリンを訪れることをおすすめします。

ニューヨークなどの大都市でも手形割引

ニューヨークなどの大都市でも手形割引を依頼することは可能ですが、
銀行や業者によって行われますので、同じ割引サービスでも
対応は異なることがあります。
銀行での対応は融資として考えられることもあり、手形を提出する人ではなく、
手形を持ち込んで依頼する人を審査対象として、
信用できる人かどうか銀行で審査されます。
銀行では手形割引率は低めですが、依頼人の信用力や定期預金によって
金利を上げてもらえることもあります。
手形割引を専門に行う業者の場合は、手形を提出する人を
審査の対象としているので、短時間で割引を行ってもらうことができ、最
短で即日に対応してもらうこともできます。
また、手形割引業者の手形割引率は、手形の銘柄によって設定されています。