ニューヨークの給湯器設置事情

人種のるつぼと呼ばれるほど様々な肌や髪の毛、瞳の色の人々が住んでいる
ニューヨークでは、何と約800万以上もの人々が日々生活を送っています。
宗教や生活のスタイルはまさに十人十色のため、い
ろいろな暮らし方が行われているのでしょう。
その分各家庭の給湯器もきっとフル稼働しているはずですし、
それだけ劣化や損傷も激しいのではないでしょうか。
各業者も日々どこかの家庭を訪問し、給湯器をチェックして直したり、
本体や各部品の交換に精を出しているのかもしれません。
修理代や交換にかかる費用もきっと馬鹿にならないはずですが、
生活のレベルを落とさないためにも
致し方ない出費となっているのではないでしょうか。
各業者も大変かもしれませんが、その分利益もかなりの額に
到達しているのは間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です